マンションでもトイレの交換は基本認められています。

賃貸物件は基本的に住民だけの判断でリフォーム工事が進められません。

リフォーム工事を始めるためには、まず大家さんの許可が必ず必要です。

あなたのご要望に応じたトイレ交換の最新情報を掲載しました。

そのため、原則として入居した当時のまま、暮らさなければいけません。一方で賃貸物件と似ているのがマンション物件です。

マンションもまた集合住宅であり、設備や間取りは画一的です。


更に自治組織によるマニュアルや規約があり、自由にリフォーム工事が出来ない部分が多々あります。

壁や柱を変えたり、あるいはベランダや廊下を自分の思い通りにカスタム出来ない点は、既存の賃貸物件と同じです。
しかし、一方でトイレやキッチン、お風呂などは比較柔軟にリフォーム工事出来ます。

生活堂 住宅設備専門店

もちろん自治組織のマニュアル次第ですが、基本的に日本中の多くのマンション物件ではトイレの交換が認められています。

室内の設備なら、住民の自由にタンクや便器、トイレの床や壁などを取り替えられます。


今では費用も安く、迅速に交換してもらえる業者がありますので、住み始めてトイレに違和感を覚えた方は、マンション規約を確認の上、リフォーム工事のお店に相談しましょう。



見積りだけならタダ、といったサービスを設けるお店も多いです。

タダならいつでも気軽に相談出来ますし、工事のスケジュールも家庭の都合で決められますので、留守が多い家庭でも、土日祝休なら確実に工事の依頼が可能でしょう。


新しいトイレは掃除が楽、抗菌や除菌が仕様としてある等、嬉しいメリットが多彩に存在します。